導入実績・事例


※本ダイヤルでの通話は、電話応対の品質向上とお問い合わせ内容確認のため、録音させていただいております。

side_btn01

side_btn02

村上記念病院タイトル

Photo_朝日大学学長

学校法人朝日大学 学長
大友克之様

●リハビリテーション支援システムを導入するにあたり、要求する導入効果は、経営サイドと現場サイドでは多少なりとも異なります。経営サイドから考えた時に、大前提として現場スタッフの業務改善、業務簡略化は当然の効果として要求しますが、それだけでは十分な投資効果だとは言い難いでしょう。

●現在の診療報酬制度において、リハビリテーション部門は大変厳しい部門であると言わざるを得ません。しかしこの少子高齢化が加速する社会において、社会的に非常に重要な部門である事も事実です。そんな中、病院としてシステム導入に期待する効果として重要と考えるのは、導入するシステムが『不採算部門の良化』の為のツールと成り得るかどうかです。システムを活用する事で、如何に採算が取れる部門に改善するか。その為には単に現場での日常業務が楽になるのみならず、多方面からの採算把握や分析、経営判断を行なうにあたり必要なデータを容易に抽出でき、汎用的に使用できるような経営分析に係わるような機能も重要であると考えます。

●今回、当院がシステム導入するにあたり、タック株式会社に対し前述したような要求を明示し、開発して頂きました。その意味では既存のリハビリテーション支援システムに比べ経営サイドも推薦できるシステムであると考えています。

村上記念病院_中